雨漏りは、早期に原因箇所が特定できれば、ごく簡単な修繕で済むことも珍しくありません。早めの調査をおすすめします。

雨漏りはお家にとって非常に深刻な症状です。
雨漏りをそのままにしておくと、木材が腐り建物の寿命が縮んでしまいます。また、カビが繁殖しアレルギー症状の原因にもなります。

また雨漏りにお困りの方は、精神的にも大変辛い状態に陥ってしまいます。

雨漏りは、早期の対処で原因箇所が特定できれば、ごく簡単な修繕で済むことも珍しくありません。
放置してしまい大掛かりな防水工事が必要となると、費用の負担が大きくなるだけではなく、居住スペースで作業が発生するなど精神的な負担までもが大きくなってしまいます。

雨漏りしている部屋

原因を確実に特定し、最小限の負担で復旧へ繋げるのが当社の雨漏り・散水検査サービスです。

雨漏りが発生してしまい原因が分からないことで、建物全体の外壁塗装や防水工事といった大掛かりな工事をされる方も多いようです。
散水検査を行うことで原因箇所が特定できれば、大掛かりな工事は不要となります。原因箇所周辺の小さな補修工事で雨漏りが止まるからです。
小さな工事で済めば短い期間で雨漏りのない平穏な生活に戻ることができます。

サーモグラフィー調査や内部検証など様々な検証も実施し、確実な原因箇所の特定へとつなげます。

当社では散水検査だけではなく、サーモグラフィー調査や内部検証など様々な検証を実施しています。多面的な検証により、確実な雨漏りの原因箇所の特定を行うことができるため、完全復旧が可能となります。
他社で原因がわからないなど、原因の特定が難しい雨漏り検査もお受けしております。

  • 当社は外壁・屋根を修理する会社ではありません。検査・調査を専門に行っております。

当社で実施している雨漏り検査

散水検査

散水検査は、実際に建物に散水し雨漏りの再現を試み水の浸入箇所を特定していく調査方法です。
散水前に十分なヒアリングをした後、建物の調査をします。
外壁の損傷や隠蔽部のスコープ調査などで水の浸入箇所・経路の仮説をたて、細かく区分けし散水し原因箇所を特定していきます。

散水検査

目視調査

屋上防水や外壁塗装の劣化損傷などの有無を目視調査します。
また、天井裏に雨漏りの形跡の有無及び躯体の状態を目視調査します。
少しの変化も見逃さない観察力が細かな原因を特定できるかのカギとなります。

目視調査

サーモグラフィー調査

温度を感知する機器を使い雨漏りの原因・経路を探っていく調査です。
室内に現れていない(目視できない)水の経路を見ることができます。
復旧後、建材(天井や壁ボード・躯体木材)の乾燥が必要な場合の範囲が明確にできます。

サーモグラフィー調査

内部検証

天井裏や壁内部を調査することで、濡れた躯体や鉄骨の錆など被害範囲や程度が分かります。
水の浸入箇所・水の経路・水の浸出箇所を明確にします。

内部検証

スコープ調査

目視できないような隠蔽部(天井裏・壁内部・床下など)を確認することができます。
隠蔽部を雨漏りしてきた水が流れ落ちてくる様子をスコープカメラで撮影し、水の経路を明確にします。

スコープ調査
  • 散水検査

    足場がなくても高所散水器で対応できます。

  • 散水検査

    高いところも、小型カメラにより確認ができます。

  • 信頼の高い数値を提供いたします。

よくある雨漏りの原因箇所

雨漏りには様々な原因があります。
屋根や外壁など塗装・防水機能が起因のもの、サッシや貫通部など室内とつながっていて防水が脆弱な箇所など原因は多岐にわたります。
よくある雨漏りの原因箇所を3つまとめてみました。
普段から建物の状態をチェックし把握しておくと、早期の発見・対応も可能ですし、大切なお住まいを長持ちさせることになります。

  • 屋根構造・屋根瓦の割れた部分から

    一見壊れていない屋根でも、最近の大雨では、ちょっとした隙間から侵入してしまうことがあります。雨は上から降り屋根ではね返ることで雨漏りが発生するケースがあります。
  • 外壁のひび割れから

    外壁にあるひび割れは、雨漏りに関係する場合、しない場合があります。 木造や鉄筋コンクリート、ALC(へーベルハウス等)によって、処理の仕方も違います。
  • サッシ枠と外壁防水シートの隙間から

    いっけん壊れてみえない窓・扉も雨を防ぐパッキン(ゴム)がわずか数ミリ変形するだけで雨が大量に入ってしまうケースが有ります。

作業後に報告書を作成いたします。

雨漏りの原因箇所や、建物内部の水の経路まで写真・図面を用いて、分かりやすく説明します。
検査後に、修繕を受け持つ他社様との連携がとれ、修繕工事が円滑に進みます。

ご相談・お問い合わせはこちら

ご相談・お問い合わせ・お見積依頼はこちら

【緊急対応エリア】
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城
【出張エリア】全国

お気軽にお問い合わせください。

お電話によるお問い合せ

お急ぎの方は直接お電話にてご連絡ください。

電話アイコン03-6657-2920

電話アイコン電話をかける03-6661-7734

受付:9:00〜19:00(月〜土曜日)

インターネットでのお問合せ

お問い合わせフォームへ