漏水トラブルと保険について

漏水トラブルの際は、保険が適用されるケースがあります。漏水トラブルに利用できる保険の種類や、適用に必要な内容などをご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

まずは漏水原因を特定する

まずは漏水原因を特定する

マンションやアパートなどの集合住宅での代表的なトラブルが水漏れなどの漏水事故です。火災などに遭遇するよりも確率的に高いだけでなく、加害者と被害者が出るような状況では、事態が複雑で解決も難しくなります。

一刻も早く解決に取り組む必要がありますが、先決すべきは原因特定にあります。漏水原因が判明しない限り、加害者も被害者も判明せず誰の保険を使うべきなのか、など基礎的条件が確定しないことになるからです。

代表的なのは上階の専用部分からの水漏れ・共用部分からの水漏れ、そして雨漏りや吹き込みなどです。それぞれの発生原因の主体が異なるので、適用される保険も補償内容も違ってきます。漏水を発見したら、早めに原因特定のための検査を専門業者へご依頼ください。

各種の保険が適用されるケース

各種の保険が適用されるケース

実際の水漏れトラブルに対応可能な保険は、施設や個人賠償責任保険と火災保険になります。

個人賠償責任保険とは、日常遭遇する生活事故などを広くカバーするもので、集合住宅の水漏れもカバーしていることが多いです。本来は個人の責任で加入するべきですが、加入漏れがでてくるので、マンション管理組合専用の保険の特約で一括加入できるようになっています。

火災保険は漏水事故に遭遇したときでもカバーしてくれる場合がありますが、補償の範囲は様々であるため、契約中の火災保険の補償内容を確認しておきましょう。

水漏れ調査費用をカバーする保険がある

水漏れ事故で一番困っているのは、当たり前のことですが被害を受けている本人です。原因が特定できない限り、火災保険に加入していても保険金の支払いを受けることもできませんし、誰の責任か不明なのに上階の人に請求するわけにもいきません。おまけに原因特定調査には高額の費用がかかります。

そこで、このような事態に対応するのが「水漏れ原因調査費用保険」になります。これは水漏れの原因箇所を特定するための調査費用を補償するというものです。被害者が管理会社に連絡後、専門業者を派遣し被害箇所の調査を行います。しかし、調査回数が一回限りで費用にも上限が設けられているなど、加入内容にもよりますが無制限には利用できないのが現状です。

プロドライ株式会社は、マンションやアパートなど家屋の水道・上階からの漏水修理工事を行っています。故障箇所は保険対応・非対応関係なく工事可能です。その他、漏電検査や雨漏り検査も行っています。事前にお見積りを提出することも可能なので、ぜひお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ・お見積依頼はこちら

【緊急対応エリア】
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城
【出張エリア】全国

お気軽にお問い合わせください。

お電話によるお問い合せ

お急ぎの方は直接お電話にてご連絡ください。

電話アイコン03-6657-2920

電話アイコン電話をかける03-6661-7734

受付:9:00〜19:00(月〜土曜日)

インターネットでのお問合せ

お問い合わせフォームへ