プロが行う漏水の調査方法をご紹介

漏水かどうか調べる方法は様々ですが、漏水箇所や原因などの詳細をつきとめるためにはプロの検査が必要です。ここではその調査方法をご紹介するので、ぜひ覚えておいてください。

水道メーターを確認する

水道メーターを確認する

あまり水を使っていないのに水道代が高い場合には、漏水している可能性があります。

漏水を確認する方法としては、家の中で使っている蛇口をすべて閉じて、水を使っていない状態にして水道メーターを確認するという方法があります。水道メーターには、メーターがカウントした数字のほか、1リットル単位、10リットル単位、そして実際に水の流れが発生しているか確認できるパイロットと呼ばれるものがあります。

パイロットはわずかな水の流れでも円盤が回る仕組みになっており、すべての蛇口を閉じて水を使っていないにもかかわらずパイロットが動いている場合には漏水しているといえます。

配管の凍結も漏水の原因に?

漏水が起こりやすい場所は蛇口などの末端部です。上水道は水圧が掛かっており、これを普段は閉じ必要に応じて開けることができるのが蛇口などになります。開閉する作業を行う末端部の部品が劣化すると、水圧によって隙間から水が漏れやすくなります。これらはパッキンなどの消耗品の交換や蛇口そのものを交換するといった作業で修理することができます。

一方、厄介なのは配管の途中に何らかの理由で亀裂が発生した場合です。特に多いのが凍結によって起こるものです。凍結を直そうと熱湯をかけてしまうと、急な温度差に耐えられず、配管が破裂してしまいます。配管が破裂したり、亀裂が入ったりしてしまうとさらに修理費用がかさんでしまうため、注意が必要です。

配管の水漏れを調査する方法

配管の水漏れを調査する方法

見えない場所で発生している配管からの水漏れを調査する方法としては「音聴調査」「削除法」「確認調査」などがあります。

音聴調査は超音波測定器や漏水探知機、音聴棒などの道具を用いて配管から水が漏れる音を調べます。水漏れの音を確認する調査であるため、幹線道路や工場など騒音のある場所付近では確認できず、配管場所によっては調査しにくいのが難点です。

一方で削除法は水漏れ原因として考えられない場所を削除していき、最終的に水漏れ箇所に到達する方法です。上記の調査である程度の場所が特定できれば確認調査となり、実際に壁を剥がしたり、地面を掘ったりして確認し修理を行います。

漏水かも?と思った際は、プロドライ株式会社へ検査をご依頼ください。専門業者ならではの調査方法で、詳細まで調べることが可能です。一戸建て・マンション・店舗・会社など、個人から法人のお客様のご依頼も対応いたします。漏水箇所修理・漏水初期対応サービス・雨漏り検査サービスなど、様々な対応が可能です。

ご相談・お問い合わせ・お見積依頼はこちら

【緊急対応エリア】
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城
【出張エリア】全国

お気軽にお問い合わせください。

お電話によるお問い合せ

お急ぎの方は直接お電話にてご連絡ください。

電話アイコン03-6657-2920

電話アイコン電話をかける03-6661-7734

受付:9:00〜19:00(月〜土曜日)

インターネットでのお問合せ

お問い合わせフォームへ